『一発逆転』通信

「あなたの過去は解決されていますか?」
「あなたの現在は充実していますか?」
「あなたの未来に希望がありますか?」
今、少しドキッとした方。
あなたの人生を一発逆転!
<< ドライもん | TOP | 究極の癒し >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    今日のかて マタイ6:19-21
    0
      《マタイ 6:19-21》
      あなたがたは自分のために、虫が食い、さびがつき、また、盗人らが押し入って盗み出すような地上に、宝をたくわえてはならない。
      むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に、宝をたくわえなさい。
      あなたの宝のある所には、心もあるからである。

      私達の信仰者としての歩みはどこを見ているかに拠ります。この地上に何を作り、何を積み上げ、心の支えや誇りとしても、それらは儚く消え去るものです。
      どれほど、地上で能力があっても、経験があっても、地位があっても、経済的に豊かであっても、どれほどの素晴らしい物達に囲まれていても、それがどれほど確かに見える、自分の将来を保証してくれるように見えたとしても、それらは御言葉のように「虫が食い、さびがつき、また、盗人らが押し入って盗み出す地上」に積み上げる物は、いとも簡単に儚く消え去る虚しいものに過ぎないのです。
      ならば何をするために生きているのかと、逆に目的を失い、虚しく悲観的になる必要はありません。
      確かに聖書においてこの世と言われている、この社会における価値観では、地上に結果を出す、積み上げる以外に生きる目的が見えないでしょう。何せ、天を知らないのですから。
      天の存在を知ることができるのは、主イエスを信じ救われて新しい命に生まれた者だけです。なぜなら、私達の内に生きる命、聖霊は天から下られた霊であり、だからこそ、私達をこの地上に生きているこの時でさえ天にある者と等しくされるからです。

      《1コリント 15:42-50》
      死人の復活も、また同様である。朽ちるものでまかれ、朽ちないものによみがえり、
      卑しいものでまかれ、栄光あるものによみがえり、弱いものでまかれ、強いものによみがえり、
      肉のからだでまかれ、霊のからだによみがえるのである。肉のからだがあるのだから、霊のからだもあるわけである。
      聖書に「最初の人アダムは生きたものとなった」と書いてあるとおりである。しかし最後のアダムは命を与える霊となった。
      最初にあったのは、霊のものではなく肉のものであって、その後に霊のものが来るのである。
      第一の人は地から出て土に属し、第二の人は天から来る。
      この土に属する人に、土に属している人々は等しく、この天に属する人に、天に属している人々は等しいのである。
      すなわち、わたしたちは、土に属している形をとっているのと同様に、また天に属している形をとるであろう。
      兄弟たちよ。わたしはこの事を言っておく。肉と血とは神の国を継ぐことができないし、朽ちるものは朽ちないものを継ぐことがない。

      地上にある命はやがて朽ち果てますが、この天から降って私達に与えられた、天からの新しい命は永遠に朽ち果てることはありません。
      そしてこの天から来た命は天に属する者の性質を持つために、私達に天を見させ、天を味わい知ることを与えるのです。
      そして、この天こそ永遠という、終わることのない、限りのない、つまり時間というものを超越した場所であり、そこにあるものは全てが永遠の中に変わることなく存在するのです。
      私達はこの天を見ることができるのです。

      《2コリント 4:16-18》
      だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。
      なぜなら、このしばらくの軽い患難は働いて、永遠の重い栄光を、あふれるばかりにわたしたちに得させるからである。
      わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。

      私達はこの天を見る時、そこにある永遠の栄光を見ます。私達がどのように生きるとしても、地上に宝を積むよりも、天に積まれる宝の素晴らしさに、地上では味わうことのできない喜びを知るのです。
      主の御心を行い、主の栄光を求めて生きる時、地上に何が起こることよりも、天においていかに栄光に輝く宝が積まれているのかということの方が、はるかに価値ある生き方であるということを、内から溢れ出てとどめられない程の喜びのうちに、確信するのです。
      私達に与えられている命は永遠です。終わることのない永遠の人生を歩む私達にふさわしい、価値ある歩みを求めましょう。
      昨日とは違う、あなたの日々の過ごし方が今日から始まるのです。


      愛する主よ。まだ私達には、あなたが与えてくださった永遠の命の本当の価値がわかりません。それは知性では理解することのできないほど、絶大な価値を持つからです。この命を持つにふさわしい歩みを私達に教えてください。天的喜びの深さを存分に味わい知る者としてください。私達に天に宝を積む喜びを教えて下さい。あなたがそのことによって喜びを得てくださいますように。
      愛する主イエスの御名によって。アーメン。
      | 今日のかて | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 17:03 | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://jalive.jugem.jp/trackback/282
        トラックバック