『一発逆転』通信

「あなたの過去は解決されていますか?」
「あなたの現在は充実していますか?」
「あなたの未来に希望がありますか?」
今、少しドキッとした方。
あなたの人生を一発逆転!
<< Twitter入門 その8 ハッシュタグというコミュニケーション | TOP | Twitter入門 その10 ホームページにTwitterを >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    Twitter入門 その9 つぶやき応用編
    0
      そろそろいろいろなつぶやきを見ていると、つぶやきにいろいろなサイトへのリンクなどが貼り付けてあるのを見つけるでしょう。また、写真や動画へのリンクを貼り付けているのを見ることも出来ます。
      これが140文字のつぶやきと言えどもブログに匹敵する完成度を持っている理由です。
      さらに、それはややこしい方法ではなく、つぶやきの中のアドレス表記(http://の表記のアドレス)に対して自動的にリンクがつけられるものです。

      同様の要領で、すでにどこかのサーバー内にある画像や動画へのアドレスをリンクすることもできるわけです。

      ただ、長いアドレスを入れて、140文字以内でつぶやくのは少し大変という方は登録手続き不要で長いアドレスを短いアドレスに変換してくれるサービスがありますので、それを利用している人は多いようです。

      URL短縮サービス
      http://bit.ly

      また、サーバーに画像や動画を他にアップしておいてからリンクを貼るのは面倒という人のために、気軽にアップとつぶやきを同時にできるサービスが存在しています。

      動画のアップとリンクをする方法
      http://twinavi.jp/guides/twitvideo/

      画像のアップとリンクをするためのサービスもいくつか存在します。
      http://twitpic.com
      http://img.ly

      画像の場合、両サービスとも、Twitter用のサービスなので、Twitterのユーザー名とパスワードでログインができ、特に登録作業は必要ありません。操作も簡単なのですが、両方とも英語サイトです。PCなどでアップする場合はどちらのサービスも、多少英語がわかれば利用が可能です。(大して操作は難しくないので、勘とちょっとの英語でなんとか使えます。)
      ただし、img.lyの方は写メールの要領でメールするだけで、写真付きのつぶやきができますので、とても便利です。img.lyは最初のログインの際にはTwitterサービスと連動するかどうかの許可を求めてきますので、allowを選択する必要があります。
      ログイン後は自分のユーザー名の表示の下辺りにemail settingsというのがあるので、それをクリックすると、写メールでつぶやくためのメールアドレスが表示されます。そのアドレスに写メールすれば、写真が簡単にアップされ、さらに保存先のリンク付きのつぶやきが完成します。送るメールは写真を添付するのはもちろんですが、本文につぶやきを書くのではなく、件名につぶやきを書いてください。それで、写真付きでつぶやくことができます。
      以外と簡単でしょう?
      でも、写真を添付せずにはつぶやくことはできないようです。ご注意を。
      このように写メールからつぶやけるということは、携帯から写真付きのつぶやきができるということです。これは非常に便利です。

      では写真無しで、メールを送ってつぶやくことはできないでしょうか?
      http://tmitter.org

      このサービスでは、投稿するためのメールアドレス、たとえば携帯からつぶやきたい場合は携帯のメールアドレスと、ユーザー名とパスワードを登録すると、登録完了メールが届き、そのメールに記載されているメールアドレスに、先に登録したメールアドレスからメールを送るだけで、つぶやくことができるようになっています。

      わたしの場合はこのように携帯からメールを送ってつぶやくことが非常に多く、かなり便利に活用させていただいています。
      みなさんもいかがでしょうか?




      | Twitter入門 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:42 | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://jalive.jugem.jp/trackback/169
        トラックバック