『一発逆転』通信

「あなたの過去は解決されていますか?」
「あなたの現在は充実していますか?」
「あなたの未来に希望がありますか?」
今、少しドキッとした方。
あなたの人生を一発逆転!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    『一発逆転』人生塾 クリスマスの希望の光
    0
      希望の光はどこにあるでしょうか?
      あなたはそれをどこへ探しに行きますか?
      クリスマスシーズンにはイルミネーション輝き、あるいはキャンドルの灯火がクリスマスムードを高めてくれるかも知れませんね。
      しかし、あなたの人生そのもの、命そのものに、希望を灯す光を探し出すのは至難の技です。
      クリスマスが終われば消えてしまう輝き。でもどこかに希望を感じているからこそ、人はこの灯火に心惹かれるのでしょう。
      さあ、その灯火をどこに探しに行きましょうか?
      その灯火は案外あなたのすぐ近くにあるのをお気づきでしょうか?
      クリスマスはあなたの人生に救いを与えるために、あなたの救い主が誕生したことを祝う日です。
      どのような闇も勝つことのできないまことの光、命の光がこの地に来られました。
      それは救い主イエスキリスト。
      それはあなたの中の闇を、あるいはあなたを取り囲む闇を、すべて飲み込むまことの光。
      私達の心を覆う闇、それは不安、それは恐れ、それは悲しみ、それは悩み、それは絶望、、、それは罪。
      この闇をどうにか取り除きたくて、誰もが本当は希望の光を探し求めている。
      そう、だからあなたのために、このまことの光は救い主として、この地に誕生しました。
      神である存在(神の御子である存在)が人の姿となられて、無限の存在である方が、あまりにも無力な人間の姿として、この地に来られたのには訳があるのです。
      彼の誕生は、今クリスマスが祝われているほど華やかなものではなく、もっとも暗く、汚く、臭い、人がおよそ誕生するべきではない場所でした。
      それは家畜小屋。
      この地には彼の誕生を祝う者はなく、ただほんの一握りの人々にしかそれを知らされませんでした。
      それは、当時の最も貧しく過酷な労働を強いられていた人々(羊飼い)や、当時の宗教背景はユダヤ教でしたが、宗教的にはそれとは全く関係のない人々(異邦人)でした。
      彼の特殊な誕生劇は、私達がどのような背景の人生を歩んでいても、どんなところに生きている人であっても、彼があなたの救い主となるために、最も低く卑しく貧しい者となるための誕生だったのです。
      およそ、その人生において私達が負うべき全ての重荷をご自身で負うために、神は彼がこのように誕生することを望んだのです。
      だから、その知らせはごく一握りの人にしか知らされなかった。
      しかし、その誕生を見ることができた、貧しく小さく卑しい者達には、この救い主の誕生は神からの人類最大のプレゼント受け取ったこととなったのです。
      この救い主に出会うために、何か偉くなる必要や、修行する必要や、努力の積み重ねで到達する必要はないということをこの誕生の事実は物語っているのです。
      人は神に出会うために、何か天に居る神の所までよじ登らなければならないような、そんなイメージを抱きがちです。
      だから限られた修行をした人とかしか神に出会えない気がする。救いがない気がする。確かにそれが宗教です。
      ところが、神はあなたに出会うために最も低い所にまで降りてきてくださったのです。
      どこを探し回る必要もありません。
      救いの光はあなたのすぐ近くにあるのです。
      あなたが主イエスキリストをあなたの救い主として信じ、あなたが受け入れた時に、全ての闇を飲み尽くすまことの光は、あなたの内側に命の光として、光を灯すのです。
      そう。この時あなたも人類最大の神からのプレゼント受け取ることとなるのです。
      あなたもその本当のクリスマスプレゼントを受け取りたいと思いませんか?

      《新約聖書 ヨハネの福音書 1:1-5,9-13》
      初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
      この言は初めに神と共にあった。
      すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。
      この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。
      光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。
      -中略-
      すべての人を照すまことの光があって、世にきた。
      彼は世にいた。そして、世は彼によってできたのであるが、世は彼を知らずにいた。
      彼は自分のところにきたのに、自分の民は彼を受けいれなかった。
      しかし、彼を受けいれた者、すなわち、その名を信じた人々には、彼は神の子となる力を与えたのである。
      それらの人は、血すじによらず、肉の欲によらず、また、人の欲にもよらず、ただ神によって生れたのである。
      | 『一発逆転』人生塾 | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
      『一発逆転』人生塾 vol.63
      0
        『風化』

        風をたどって
        かつての日々を想い出す
        もう戻らないあの日々
        懐かしさに咽び
        あそこに帰りたくても
        確かにそれはもう今ではない
        一瞬で消える蜃気楼のように

        だからふと我に帰り
        また今日を歩くしかないのだろう
        ふと目を上げた先の廃墟に
        明日を見るしかないとしても

        《旧約聖書 詩篇 55:22》
        あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。
        | 『一発逆転』人生塾 | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
        『一発逆転』人生塾 vol.62
        0
          「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。これは、「神われらと共にいます」という意味である。
          新約聖書 マタイの福音書 1:23

          誰でも世(世界・社会)が真っ暗に見え、また自分の足元までも暗く目に映るのであれば、希望の光を探すのは当たり前です。誰でも自分の人生を導く光輝く星を、真っ暗な夜空に探すでしょう。
          これまでの社会は自分の実力や持ち物、お金や身分や地位などを頼りに生きてきたでしょう。そこにこそ確かな希望があるかのように社会構造は作られてきましたし、そのような常識の中に私達は生まれ、その中で日々生活してきました。社会はある道筋に沿えば、盤石に私達を守ってくれると思われていたのです。ですから、それを覆すような時代に遭遇した時、誰もが希望はどこにあるのかと、混乱することでしょう。
          現在、世界中を襲う未曾有の経済危機と、歴史上稀と言われる災害や異常気象の数々、その中で飛び交う憶測と混乱した情報。人類の終末をも語られる時代の真っ只中で、人間の力ではどうにもできない圧倒的な死の恐怖が私達の日常に入り込んできている毎日。これこそ、暗い夜空に違いありません。
          だからこそ、あなたは本当にあなたの人生を導く希望の星が、どこにあるのかを知らなければなりません。もしもあなたがその星を見誤らないのであれば、あなたは永遠に至るまでの真の希望にたどり着くことは可能です。
          かつて、ソロモン王国時代に栄華を極めた一大王国イスラエル。やがてイスラエルは没落し、ローマに支配されていた暗黒の時代、人々は一つの約束を希望に生きていました。重い税義務、払えなければ娘息子をも債務のため連れて行かれる。国を奪われ、違う民族に隷属される生活。そんな過酷な状況の中、抱き続け心を支え続けた希望。
          "私達に真の救いを与える、救い主が地上に降られる。"
          それはいにしえからの預言に語り伝えられていることでした。
          そして預言はそのまま、ベツレヘムの小さな家畜小屋に生まれた救い主イエスキリストの降誕という形で成就したのです。その誕生を知らされ、その救い主に出会えたのは、社会のエリートや成功者、強い者達、大きい者達、偉い者達ではありませんでした。
          当時過酷な生活を強いられ、貧しく、社会から離れた場所に生活を余儀なくされていた、社会的に最も小さな存在というべき人々。つまり、最も暗い人生を歩んでいたであろう羊飼い達に、この幸いの知らせは御使いによって伝えられました。また、当時考えられていた救いの対象はイスラエルの民とばかり思われていましたが、東のイスラエルではない異邦の国に住む博士(おそらく天文学者など)に、その事実は知られ、はるばる遠く離れた国から彼等は救い主を求めてイスラエルに向かったのです。
          彼等を救い主の元に導いたのはまさしく天に輝く一つの星でした。その星のとどまったところで彼らは救い主に出会ったのです。
          彼こそ、最も弱く最も小さく最も貧しく傷つき最も汚れた(罪深き)者達に救いを与えるため、そのすべてを負うべく、最も低く最も貧しい最も汚く最も暗い場所に生まれた救い主イエスキリストです。その生涯を私たちの苦しみ悩みを背負い、十字架にすべての罪から来る死という報酬を釘付けにするまで、命をささげた神。彼は十字架に死した後、三日目に死に打ち勝たれた真の勝利者としてよみがえられた(復活された)のです。
          そして、この救い主の誕生を祝う祭こそがクリスマスなのです。
          この救いは時代を超え、今私達に与えられています。
          救い主イエスキリストは今も生きて、私達の人生を直接救う神なのです。イエスキリストを信じ受け入れる者達に、この救いは与えられるのです。どれ程弱く、小さく、貧しく、傷つき、汚れて(罪深く)いたとしても。彼の十字架は彼を信じ受け入れる者達のそれらすべてを釘づけにし、信じる者に新しいご自身の命を与えられるのです。過去はその命の代価に贖われ(買い取られ)、永遠の未来に至るまでの"永遠の命"が与えられ、死をも超える永遠の希望が与えられるのです。多くのキリストを信じる者達は、その偉大な価値のゆえに、肉体の死をも恐れず、永遠の命に生きました。死の恐怖に捕らえられる事なく、自由に生き、彼等をとどめる者はこの地
          上には存在しなかったのです。つまり、今生きる現在において死を超える勝利者となったのです。
          あなたが主イエスキリストを信じ受け入れる時、このような過去・現在・未来が与えられる真の希望を与えられるのです。それはあらゆる環境・状況・法則を超えて、与えられるもの、それを得た時この世では与えられることのない、神からしか受け取ることのできない深い平安を与えられるのです。
          これが神が私達に与えてくれた本当のクリスマスプレゼントです。
          今年あなたがこの最大のクリスマスプレゼントを受け取ることできますように。

          | 『一発逆転』人生塾 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
          『一発逆転』人生塾 vol.61
          0
            人生が自分の力で何とかなると思っている人は自分を弱い人間だとはなかなか思いません。むしろ自分の人生を、ある程度自分の力でしっかり歩んでいると考えていることでしょう。
            それを美徳と考える社会の中に私たちは生きてきました。
            だから、人には人生に大きな失敗をしたり、疲れ切ってしまったり、自分の弱さに立ち上がることができなくなってしまったりすることがあるということをこの社会は無視して進んで来ました。あたかも勝者と敗者を分けて人の人生を見るような傾向の中で、大切な人のいのちを、生活を、切り捨てて進んで来たことが本当に美徳と言って良いことだったのでしょうか。あたかも勝者を装うこのような愛の冷え切った社会に未来があると言えるでしょうか。この社会は本当に勝者なのでしょうか。実はそのような勝者は、本当は誰もいないのではないでしょうか。仮想の競争社会の中で、互いに退け、戦い合って、気がつけば傷ついて、たった独りで、疲れ切って・
            ・・。
            人は強い生き物ではない。人はそんなに全能ではない。
            あなたが立ち上がれないのは悪いことではありません。
            あなたが疲れ切って、明日を考えられないのもダメなことではありません。
            どうかあなた自身を必要のない存在のように考えないでください。
            あなたがただあなたとして、生きて存在していることがどれほど尊く大切なことであるのか、もう一度あなたに知って欲しいのです。
            疲れたら心の底から休む場所が、人生の重荷が重いならその重荷を降ろすところが、あなたには必要なだけなのです。
            だから・・・。

            あなたの知らない愛があります。
            そこから始めればいいじゃないですか。

            《新約聖書 マタイの福音書 11:28-30》
            すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
            わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
            わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。
            ※わたし=イエスキリスト

            イエスキリストはあなたを待っています。
            あなたの帰る場所として。
            イエスキリストはあなたを愛しています。
            あなたの始まりの場所となるために。


            『一発逆転』人生塾
            http://119.go2.jp
            Art in Jesus
            http://artj.go2.jp

            | 『一発逆転』人生塾 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
            『一発逆転』人生塾 vol.60 お疲れさま
            0
              「重いくびき」

              よく頑張った
              よく頑張った
              と自分に言って聞かせる
              涙がこみ上げてきた
              声にならない涙があふれて
              止まらない
              もうやめよう
              何もなくなって
              疲れた体が重い
              疲れた人生が重い
              もうやめよう
              よく頑張ったんだから

              《新約聖書 マタイの福音書 11:28-30》
              すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
              わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
              わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。

              あなたの人生はまだ終わっていません。あなたの魂に平安が与えられますように。


              『一発逆転』人生塾
              http://119.go2.jp
              Art in Jesus
              http://artj.go2.jp

              | 『一発逆転』人生塾 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
              人生逆転のための集会のお知らせ
              0
                JUGEMテーマ:ビジネス

                伝道集会
                 タイトル 「渇ける者はいのちに来たれ!」 
                2009/09/13( 日 ) 午前10時30分〜

                これまで、新橋で木曜日に行われてきた新橋路傍伝道(講演)での経験から、証しとしてお話をさせていただきます。
                新橋で目にしてきた数々の人生回復のストーリー。すべてがノンフィクション。救いの真実は私たちの理解を遥かに超え、まさしく驚くべき恵みが溢れます。
                いのちの力がその場に溢れるお話をさせていただければと思っています。
                キリストから溢れるいのちの力があなたの人生をあなたの明日を力強く変えて行くでしょう。

                クリスチャンではない皆さんも、クリスチャンの皆さんも・・・
                どうぞ、お誘いあわせの上、ぜひともご来場ください。

                清瀬旭が丘教会
                〒204-0002
                東京都清瀬市旭が丘1-278 TEL:(042)493-1173
                ホームページアドレス
                http://www.h6.dion.ne.jp/%7easahi-ch/
                 
                | 『一発逆転』人生塾 | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                『一発逆転』人生塾 vol.58 平和を考える
                0
                  昨日は終戦記念日でした。
                  そして日本はもう一度平和について考える時を持ったのです。その傷痕をもう一度思い起こして。時代が過ぎればその記憶は薄れて行きます。しかし、忘れていいことと決して忘れてはならない記憶あることを思わされました。
                  確かに戦争に正しいものはありません。なぜなら、戦争で残ったものを見ればわかるからです。それは破壊の痕と、数え切れない人の血が地に流されたという事実です。
                  勝利など存在しません。敗北も存在しません。ただ双方にその傷痕が残るだけです。そしてその流した血の責任を互いに負うのです。
                  聖書には、最初の人が罪を知り、そのことによってその後生まれたすべての人に罪が入り、すべての人が生まれながらに罪を持つ者となった後、その子供が最初に犯した罪が殺人であったことを記しています。それも兄弟間での殺人でした。罪は血を求め、虎視眈々(こしたんたん)とその機会を狙っていたのですが、その結果として殺人という罪の結果を生み出した時、その血を流した見返りはあまりにも重いものでした。

                  《創世記 4:10-12》
                  そこで、仰せられた。「あなたは、いったいなんということをしたのか。聞け。あなたの弟の血が、その土地からわたしに叫んでいる。
                  今や、あなたはその土地にのろわれている。その土地は口を開いてあなたの手から、あなたの弟の血を受けた。
                  それで、あなたがその土地を耕しても、土地はもはや、あなたのためにその力を生じない。あなたは地上をさまよい歩くさすらい人となるのだ。」

                  神は同様に私たちに語らないでしょうか?
                  私たちが互いに流した血の結果を。そしてその代償は今でも私たちには重過ぎるものであることは変わりません。それは繁栄とは程遠いもの。そして罪は新たな血を求めて、待っているのです。復讐と憎しみという感情の向こうに。今でもその感情は互いに傷つけあった国同士に、人同士に、根深く眠っているのです。それを決して真の平和とは言いません。
                  この罪の問題に対する解決を無視して平和は存在しません。まして、さらなる戦争への準備としての武力による平和など存在し得るはずがないのです。
                  ですから、戦争の歴史は今なお繰り返されるのです。

                  《マタイの福音書 26:52》
                  そのとき、イエスは彼に言われた。「剣をもとに納めなさい。剣を取る者はみな剣で滅びます。


                  『一発逆転』人生塾
                  (Mobile OK)
                  http://119.go2.jp
                  http://4649.com/119119

                  今日のかて
                  http://j119.go2.jp

                  | 『一発逆転』人生塾 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                  『一発逆転』人生塾 vol.58
                  0
                    なるほど確かに神と言う存在は私たちの生活には全く意味のない存在かも知れませんし、心の弱い者や社会的弱者などがすがる単なる心の支えでしかないでしょう。もしも、神という存在がこの私たち自身を造り出した存在でなければの話ですが。
                    しかしもしも、この天地万物を造り出した神という存在が実在し、さらにその手によって私たちをも造られたのだとするならば、神は私たちを自分の子を愛するような愛情をもってあなたを愛するに違いないのです。そしてもしもそのような存在が本当に実在するならば、私たちは親なく生きるような損失を多くの部分に持つことになるでしょう。それは自分のアイデンティティーの部分で、また愛情の枯渇の部分で、いのちの実感と言う部分で、いやそれ以上に神という絶対的存在を欠如することは大きいはずです。
                    また、なるほど確かに宗教を選択することや何らかの思想を持つこと、それを基盤に生きること、その選択は自由でしょう。この社会はそうしたものを自由に選択することが許されているのですから。しかしそうした法律の問題ではなく、あなたのいのちの問題として、つまり神という存在があなたにいのちを与える存在だとするならば、あなたに救いを与える存在だとするならば、話は別になるでしょう。
                    イエスキリストがあなたにいのちを与える姿をあなたは一度も目にしたことがないでしょうか?十字架につけられ、血を流し、死をもって自らのいのちを捧げたキリストの姿を見たことがありませんか?
                    そこにあなたへの神の愛があるのです。もしもあなたが、いのちの実感が薄れ、自分の生き所がわからず、生きていく重荷があなたの両肩に重く、どこから来てどこに行くのか不安で、将来を考えると言いようのない不安と恐れが襲うけれど・・・、でも何とかなるさとごまかしごまかし明日を迎え、あなたのいのちに関してあなたが本当は深くで抱えている問題を先延ばしにしているならば、そこにいのちを与えたいとイエスキリストは自分のいのちを捧げたのだということを知るべきです。そこから救い出したいと、あなたの重荷を十字架にくぎづけにした姿を見るべきです。そうです。あなたはこの愛があなたに向けられたものであることを知るべきです。

                    あなたのいのちの問題なのだから。

                    誰かの目や、あなたが知りうる知識はすべてに足るものではありません。あなたはこの存在と愛を知るべきです。なぜなら、神という存在はあなたが造られこの地に生まれ落ちるずっと以前からあなたを知っています。いやあなたを愛し続けています。あなたが神を知らずとも、あなたが神を退けようとも、神はあなたを待っています。あなたが自分のいのちに渇いていることを知らず、愛に渇いていることを知らず、あなたの足が明日に向って踏み出すことが重過ぎて、どちらに足を踏み出したらいいかわからなくて・・・。そこを満たそうと、あなたを愛する父なる神はあなたを待っています。このようにあなたに呼びかけながら・・・。

                    《旧約聖書 創世記 3:9》
                    神である主は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。「あなたは、どこにいるのか。」


                    『一発逆転』人生塾
                    (Mobile OK)
                    http://119.go2.jp
                    http://4649.com/119119

                    今日のかて
                    http://j119.go2.jp
                    | 『一発逆転』人生塾 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                    『一発逆転』人生塾 vol.57
                    0
                      あなたはあなたがこの世に存在するだけで非常に大切な存在、尊い存在です。あなたのすべてがそのままで尊い、存在そのものが尊い、このように言われたことはありますか?
                      これは人間の尊厳というもの、人生には非常に重要な要素です。もしもこの認識が薄れてしまうと、日常の中であなたが存在する実感、生きている実感が薄れて感じるようになるでしょう。自分の存在すること自体がいったい誰かに本当に大切とされているのだろうかという思いを根底的に抱き続けるようになります。不安に陥るため、誰かに認めてもらいたいというところから行動原理が始まってしまいます。
                      認めてもらえる自分を探して自分探しの旅をし続けたり、家族などの大切な人間関係の中で認めて貰えないと苦しんだり争ったり、認めてくれる他人が欲しくて依存的に恋愛などを繰り返したり、認めてもらうために自己顕示欲だけが肥大し自己だけの世界から出れなくなり大切な人を傷つけたり大切なことを見失ってしまったり、認めてもらうために努力して認めてもらえそうな要素たとえば学歴・資格・地位・名誉果てはブランド品から最新家電・車などの持ち物や著名人と知り合いになるなどの人間関係等々あらゆるものを必死でかき集めたり、自分を偉く見せ他人を蔑(さげす)み低めることなどによって無理やり認めさせようとしたり…。
                      つまるところ、認めてもらうために多大な労力を使って人生の大半を費やしてしまう。だとしたら、本末転倒です。
                      なぜなら、根底的に尊厳が保障されて、初めて一人の人間として本当に自由となり、安心して意義あることに人生を費やすことができるのですから。
                      確かにこの国自体が世界大戦の敗戦国から先進国として早く認めてもらえるようにと必死で努力した国です。社会のシステム自体がそのように認めてもらうためにという価値観だけに翻弄(ほんろう)されたとしても仕方ありません。
                      しかしあなたにとってはこれに人生を振り回されるのは重要な問題です。
                      ましてや、人生にはいろいろなときがあり、そんな社会の中で、疲れてしまったり、問題を抱えたり、弱くなってしまったり、傷ついてしまったり、立てなくなってしまったり、貧しくなってしまったり、乏しくなってしまったり…。けれども、あなたがどのような状態・状況に陥(おちい)ったとしてもあなたの存在の尊さ・大切さには何ら変わることがあってはならないのです。あなたの尊厳は本来傷一つつけられないものなのです。

                      《イザヤ書 43:4》
                      わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。

                      聖書は神があなたを何ものにも代えがたい大切で尊い存在だと語ります。神はあなたの存在だけをただただ尊いというのです。天地を創られたような神がそのように語られるのは、あなたをただ愛しているからだと語っているのです。この神というあまりにも壮大で絶対的存在があなたの存在を保障するのです。すべてのものを造られた創造主という存在だけに許される、ご自分の存在によってあなたが存在することを絶対的に保障するということ、つまりわたし(神)があるからあなたはあるという絶対的関係によってのみ、あなたの尊厳は何の条件もなく保障されるのです。これが神のあなたに向けられた絶対的な愛です。
                      このように愛されるから、誰かを愛することができ、互いに人を認めることができる。ここにあなたを取り巻く人間関係が明確に回復していきます。また、認められるために費やしていたあなたの人生自体が、あなたが注ぐべき意義ある本来の目的に人生を尽くすことができるように回復するのです。
                      あなたも失われた尊厳を取り戻したいと思いませんか?
                      あなたも本来の自由を得たいと思いませんか?
                      あなたも本来のあなたに回復したいと思いませんか?


                      『一発逆転』人生塾
                      http://119.go2.jp
                      Art in Jesus
                      http://artj.go2.jp
                      全機種対応(携帯もOK)
                      | 『一発逆転』人生塾 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | ↑PAGE TOP
                      • 1/1PAGES